家族葬

葬儀社と家族葬の打ち合わせ事項

葬儀の進行方法には種類があり、一般的には、家族葬と一般葬があります。
多くの人がイメージするのは一般葬の方だと思います。
一般葬は、いわゆる葬儀屋さんにお願いして進行指揮が取られるもので、家族の負担が少ない様に葬儀を進めることが出来ます。
一般葬は、当然葬儀屋さんとしっかりと打ち合わせをして、進行内容を決めていきます。
家族葬の方は、葬儀屋さんとの打ち合わせのイメージはありませんが、実際にはご遺体の納棺など、葬儀以外にも必要な場面が出ますので、
無関係とは言えません。いずれにしても、しっかりと打ち合わせし、その内容を把握しておくことが重要です。
段取りとして、まず個人の写真を用意しますが、この際は、故人の服装は気にする必要はありません。
顔の表情が最も輝いて見えるものにしましょう。
服装などは、今の時代はパソコンが普及してますから、葬儀屋さんの方で上手に合成写真が作れるところが殆どです。
次に、家族葬や一般葬に関わらず、必ず喪服が必要になりますので、持っていない場合には、葬儀屋さんにレンタルの意向を伝え、
しっかりと打ち合わせして、不備ないようにしましょう。
最後に、葬儀屋さんに、病院でもらった死亡診断書を渡し、所定の手続き後、仏さまの搬送先の火葬場と、お通夜と告別式の時間などを決めていきます。
この際に、お坊さんの手配もします。これも、自分の家の宗派か、無宗教かなど、選ぶ事が出来ます。
また、弔問者に宿泊者がいるかいないか、いる場合には、その手配も必要です。家に泊まってもらう場合には、ふとんが必要でしょう。
他にも、代表挨拶や、スピーチなどが誰で、出す料理はどのようなものか、なども細かく決めていきます。
他にも、その家庭内での必要事項を、打ち合わせで決めていくのです。